Step.1 基礎編

振り子

これから催眠術を覚えたい方のための「読んで覚える催眠術入門」
※催眠術は、どんなに素晴らしい暗示文であっても体験者が催眠状態になっていないと効果は発揮しないものです。

振り子の誘導技法

催眠術というと
「五円玉(振り子)を目の前で揺らして、あなたはだんだん眠たくな~る。それでしょっ」
なんて、おしゃる方は結構います。

でも、この振り子の誘導は催眠術師ではなく
体験者の手に持ってもらった振り子が、催眠術師の言うとおりに動いてしまうという現象になります。

基本の誘導文

誘導文

この振り子を持って、目の前まで上げて下さい。

振り子をじ~っと見ていると、だんだんと右へ左へと揺れていきます。
集中して見るとますます揺れてくる。
どんどんと振り子の動きは大きくなっていく。
右へ~左へ~

更にじ~っと見ていると、今度は前後ろへと動きを変えます。
前へ~後ろへ~
振り子の動きはどんどんと大きくなっていく

更にじ~っと見ていると、今度周り始めます。
ぐるぐるとまあるい円を描きます。
ぐるぐる~ぐるぐる~とまあるく動きます。

最後には、すぅ~っと動きが止まります。

解説

振り子の動きは、実は体験者の方が動かしています。
言葉に合わせて体が動いてしまう観念運動注1を利用しています。

誘導

この振り子を持って、目の前まで上げて下さい。

振り子を目線あたりの位置になるように持ってもらいます。
手(腕など)が動いてしまっているのを気付かせないように、持ち手は視界の外になるような位置がいいです。

誘導

振り子をじ~っと見ていると、だんだんと右へ左へと揺れていきます。
集中して見るとますます揺れてくる。
どんどんと振り子の動きは大きくなっていく。
右へ~左へ~

振り子が言葉に合わせて揺れていく様を伝えてください。
はじめに左右に誘導する理由は、動きが分かりやすいからです。

誘導

更にじ~っと見ていると、今度は前後ろへと動きを変えます。
前へ~後ろへ~
振り子の動きはどんどんと大きくなっていく

動く向きを変えていきます。
左右に動いているのが向きを変えることで、驚きが大きくなります。

誘導

更にじ~っと見ていると、今度周り始めます。
ぐるぐるとまあるい円を描きます。
ぐるぐる~ぐるぐる~とまあるく動きます。

三度、動く向きを変えていきます。
更に追い込みをかけ、動きを変えていきます。

誘導

最後には、すぅ~っと動きが止まります。

そして、最後には動きを止めてしまいましょう。
完全に止まらなかったら、適度な所で受け止めます。

成功率を上げるために

持ち方は、肘が手すりについたり、脇がしまっていないような腕のバランスが悪い状態にします。
言えば言うほど動きを増していきますので、言葉は単調にならないようにたくさん掛け続けましょう。
動きに合わせて、言葉の幅を変えていきます。
右へ動いた時に「右へ~」のように。

塾長からのひとこと

振り子で催眠術というと、五円玉を催眠術師が持って「あなたはだんだん眠くな~る」という印象を持つ方が多くいます。
ところが体験者が自分で持つということで、ここでいい意味での期待を裏切ることができます。
そうすることができたらこっちのものですw

塾長評価

暗示文の覚えやすさ  ★★★★☆
暗示成功率      ★★★☆☆
暗示成功後の期待値  ★★★★☆
お勧め度(対個人)  ★★★★☆
お勧め度(対複数)  ★☆☆☆☆


1. 言葉やイメージによって行動が促されること

2 人の方が、この記事を「いいね!」と言ってます。

関連記事

  1. 風船と辞書
  2. 催眠術の掛けかた 覚醒暗示
  3. グーパーレプシー
  4. 催眠術の掛けかた 催眠状態を作るには?
  5. 文章が書くことが出来ない(運動支配ver)
  6. 後倒法
  7. マグネットハンド(磁石埋め込むver)
  8. 話すことが出来ない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

好きで好きでたまらなくなる催眠

「読んで覚える催眠術入門」
【好きで好きでたまらなくなる催眠】
目の前の人のことをすごく好きになってしまう暗示文を覚えることが出来ます。

催眠術の掛けかたを読んで覚えよう!

催眠術の掛けかたを覚えたい!!
そう思っている催眠術初心者のための
「読んで覚える催眠術入門」
催眠術の掛けかたの記事を随時追加しています。

ラジオ番組放送中♪

催眠塾スケジュール

There are no upcoming events.

動画チャンネルやってます

PAGE TOP