Step.1 基礎編

前暗示

前暗示とは
これから起こる現象を体験者にあらかじめ説明をすることです。

催眠術を体験する方は
これから何が起こるのかをほとんど知りません。

そこで、体験者がその暗示を表現できるように

しっかりと理解できる

・わかりやすい
・伝わる言葉

を使いましょう。

前暗示文

拳を固める現象を例にすると

基本

拳をしっかりと握ってください。

3つ数えると
あなたの手は固まってしまい
開くことが出来なくなります。

これはシンプルに伝えています。
ここに、イメージしやすいものを少し足してみましょう。

アレンジ

拳をしっかりと握ってください。

石って固いですよね?
そんな石のように貴方の手は固くなって
開くことが出来なくなります。

3つ数えると
あなたの手はまるで石のように固まってしまい
開くことが出来なくなります。

このように
相手の方がイメージしやすいものを言葉として伝え
連想をしてもらいましょう。

そうすることによって、催眠術の成功率がグンと上がります

1 人の方が、この記事を「いいね!」と言ってます。

関連記事

  1. 指がくっつく(触れないver.)
  2. 拳のカタレプシー
  3. 振り子
  4. 催眠術の掛けかた 催眠状態を作るには?
  5. 刺激を与えること
  6. 「メラビアンの法則」を自分の味方につけて、催眠術を掛ける成功率を…
  7. 催眠術の掛けかた 覚醒暗示
  8. 催眠術の掛けかた 催眠術を掛けるために必要な状態

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

好きで好きでたまらなくなる催眠

「読んで覚える催眠術入門」
【好きで好きでたまらなくなる催眠】
目の前の人のことをすごく好きになってしまう暗示文を覚えることが出来ます。

催眠術の掛けかたを読んで覚えよう!

催眠術の掛けかたを覚えたい!!
そう思っている催眠術初心者のための
「読んで覚える催眠術入門」
催眠術の掛けかたの記事を随時追加しています。

ラジオ番組放送中♪

催眠塾スケジュール

There are no upcoming events.

動画チャンネルやってます

PAGE TOP