Step.1 基礎編

「メラビアンの法則」を自分の味方につけて、催眠術を掛ける成功率を上げる方法

1つ・・・2つ・・・3つ
パチンッ!

どうも
髭を久しぶりに伸ばそうか思案している
名古屋の催眠術師
ようじです。

今更ながら、「メラビアンの法則」ってご存知ですか?
コミュニケーションや心理について気にかけている方は、聞いたことある言葉だとは思いますが

人の印象は、9割見た目で決まる!!

というやつです。

「3Vの法則」や「7-38-55のルール」なんて言われたりもしていますよね。

この意味は、もともとの実験の意図とは違って広まっているようですが
催眠術師にとって、この「メラビアンの法則」は物凄く意識したほうがいいものなんです。
※実験の意図は、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが、矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかを判断するために行ったもの

なぜって?

それにはもちろん理由があるからにほかなりません。

どうして催眠術師が、「メラビアンの法則」を自分の味方につけていくことが必要なのかを
今回は格好について、いくつかのポイントとしてお伝えしていきます。

相手の好む見た目を作る!?

催眠術を掛けるために見た目に気をつかおう!

メラビアンの法則で言う
「Visual 55%」
人が与える印象の55%は視覚情報が元になる
というやつです。

なんて言ったところで、
見た目なんてものは、実に多種多様で個人個人によってその評価は変わります。

恋愛なんてものがその最もたるものだと思いませんか?

では、これから催眠術を相手に掛けたいあなたは
相手に合わせて、見た目を変えるなんてことが
はたして可能でしょうか?

もしそれができるのであるならば、
あなたは催眠術を掛けるどころの話ではなく
人間関係、営業活動など様々なところで能力を発揮しているはずです。
そんな方であれば、今回の話は必要ではないかもしれません。

でも、実際にはそんなことは不可能に近くないですか?

じゃあどうすればいいのさ?
ってことです。

逆に考える

催眠術を掛けるために必要な要素の一つとして
「安心」
というのがあります。

人は、未知のものに対して「恐怖」と「好奇心」を覚えます。

相手の方にとって催眠術は、未知のものですよね。
そうではないですか?

もしかしたら、今この投稿を読んでいらっしゃるあなたもそうかもしれませんね。

では、その催眠術を相手の方へ提供するとなると
はたして相手の方の心理は、どちらが勝るでしょうか?

「恐怖」
「好奇心」

これは、催眠術という言葉だけなら
好奇心が勝る方が多いと思います。

なぜなら、自分の身に起こらない物語で済ますことが出来るからです。

でも、
「自分が催眠術に掛かる」
とか
「あなたが催眠術を掛ける」
とストレートに提示すると

残念ながら、好奇心が負けてしまうことが多いのですね。
もちろんストレートに提示した場合の話なので、提示の仕方によっては変化します。
この話はまた別の機会にでも・・・

では、好奇心が恐怖に勝てるようにするには??

というところで、「メラビアンの法則」が出てくるのです。

つまりは、視覚から与える印象を操作することによって
少しでも恐怖に勝るもの
「安心」
を与えるポイントを稼ぐわけです。

でも、先ほども言いました
相手に合わせてこちらが見た目を毎回変えることは難しいと。

相手の方が「安心」感をえるポイントが何かは、わからないわけですよ。

ということは、逆に考えましょう。

「安心」感をそいでしまうものを減らす。
不安要因を減らすということです。

平均より上を狙え

ここであなたに5つの質問をします。
AかB、どちらの方が多いかでしょうか?

A.オシャレに気を使っている
B.オシャレを気を向けたことがない

A.自分の格好について、他の人からいい評価されたことがある。
B.自分の格好について、他の人から悪い評価されたことがある。

A.服が汚れたらと気付いたら必ず洗濯をする
B.服に付いている多少の汚れは気にならない

A.姿勢はいい方だ
B.姿勢はあまり良くない

A.姿勢はいい方だ
B.姿勢はあまり良くない

特に難しいことはお聞きしませんでしたが
あなたは、AとBのどちらが多かったでしょうか?

Aが多かったという方

あなたの格好は、一般的に安心感を与える印象を持っているようです。
あとは、ステップをしっかりと踏めば、催眠術を掛ける成功率は間違いなく上がるでしょう。

Bが多かったという方

あなたの格好は、安心感を与えるということには向いていないようです。
他の方法で、プラスとなる要素を提供していかなければ、催眠術を掛ける成功率はなかなか上げることは難しいでしょう。

いままで、催眠術を掛けてこられた方
催眠塾で受講されて、成果結果を発揮している方
そんな方たちの情報を元にしています。

もし、Bが多かったよという方は
催眠術を掛ける時の格好を

「異性に気に入られる(ような)格好」

を意識して見直してみるといいでしょう。

今回は、「メラビアンの法則」を味方につけるとは?ということで
格好(見た目)が催眠術にどう影響するかをお伝えさせていただきました。

まだまだ、この話掘り下げていくとたくさんあるのですが、本日はここまでで。
また別日に、違った角度から「メラビアンの法則」を取り上げたいと思います。

4 人の方が、この記事を「いいね!」と言ってます。

関連記事

  1. 追込み暗示
  2. グーパーレプシー
  3. 刺激を与えること
  4. 好きで好きでたまらなくなる催眠
  5. マグネットハンド(磁石埋め込むver)
  6. 催眠術の掛けかた 催眠術の掛けかたの仕組みを知ろう
  7. 話すことが出来ない
  8. 催眠術の掛けかた 催眠術を覚えたいあなたへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

好きで好きでたまらなくなる催眠

「読んで覚える催眠術入門」
【好きで好きでたまらなくなる催眠】
目の前の人のことをすごく好きになってしまう暗示文を覚えることが出来ます。

催眠術の掛けかたを読んで覚えよう!

催眠術の掛けかたを覚えたい!!
そう思っている催眠術初心者のための
「読んで覚える催眠術入門」
催眠術の掛けかたの記事を随時追加しています。

ラジオ番組放送中♪

催眠塾スケジュール

There are no upcoming events.

動画チャンネルやってます

PAGE TOP