Step.1 基礎編

覚醒暗示

催眠術の掛けかた

覚醒暗示とは催眠状態から醒ます暗示です。

ここで催眠術師として、しっかり知っておかなければならないこと

催眠状態は自然と解ける
ということ

そして催眠術師として、しっかりと持たなければならない心構えは

掛けたら必ず解く
ということ

解き方は、催眠術を掛けている状況・状態によっても色々ありますので、その状況・状態にあわせた解き方をしてください。

ここでは、覚醒の暗示文の例をご紹介します。

基本の覚醒暗示

五つ数えると、ぐっすりと眠った朝のように
気持ち良く目を覚まします。
心も体もスッキリとハッキリとして、気持ちいいですよ~。

では、数えます。

一つ
だんだんと意識がハッキリとしてきます。

二つ
体中に力が戻ってくる。

三つ
もうほとんど意識はハッキリとしています。

四つ
体中に力が戻ってきました。

もう間もなく、気持ち良く、スッキリとハッキリと目を覚まします!

五つ
ハイ!
スッキリとハッキリと目を覚まします。

おはようございます。

シンプルながら、効果の高い覚醒暗示です。

この暗示文に肉付けをして、強化する事も出来ます。

催眠術の掛けかた

少し強化した覚醒暗示

五つ数えると、ぐっすりと眠った朝のように
気持ち良く目を覚まします。
心も体もスッキリとハッキリとして、気持ちいいですよ~。

では、数えます。

一つ
だんだん意識がハッキリとしてきます。
頭の中に冷たい風が吹いてくる。

二つ
体中に力が戻ってきました。
手の先から足の指先まで、しっかりと感じます。

三つ
もうほとんど意識が戻ってきました。
頭の中がスッキリとしてきます。

四つ
体中に完全に力が戻ってきました。
もう、今すぐにでも動くことが出来ます。

次に数えると、あなたの心と体は軽くなってとても気持ち良く目を覚まします。

五つ
ハイ!
スッキリとハッキリと気持ち良く目を覚まします。

おはようございます。

これに様々な応用を加えて、覚醒暗示というものを作りこむことが出来ます。

暗示文というものは、それこそ催眠術師の数だけ出来上がります。
催眠術を体験される方が喜んでもらえるような暗示文を作ってください。

あなたの好みの起こされ方があったら、ぜひ教えて下さいね(*´▽`*)

1 人の方が、この記事を「いいね!」と言ってます。

関連記事

  1. マグネットハンド(磁石埋め込むver)
  2. 指がくっつく誘導の成功率を上げる方法
  3. 風船と辞書
  4. 催眠術の掛けかた 催眠術に掛ける
  5. 話すことが出来なくなる(驚愕ver)
  6. 指がくっつく(触れないver.)
  7. 後倒法
  8. 前暗示

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

好きで好きでたまらなくなる催眠

「読んで覚える催眠術入門」
【好きで好きでたまらなくなる催眠】
目の前の人のことをすごく好きになってしまう暗示文を覚えることが出来ます。

催眠術の掛けかたを読んで覚えよう!

催眠術の掛けかたを覚えたい!!
そう思っている催眠術初心者のための
「読んで覚える催眠術入門」
催眠術の掛けかたの記事を随時追加しています。

ラジオ番組放送中♪

催眠塾スケジュール

There are no upcoming events.

動画チャンネルやってます

PAGE TOP